ここが問題!ネットの誹謗中傷が減らない理由とは

簡単に書き込めるシステム

現代、インターネット関連の問題となっているネットの誹謗中傷は、なかなか解決に至る事ができない問題です。その中には事実無根の情報も数多く存在し、冤罪被害に会っている芸能人や一般人の方も多いのが現状ですよね。このような事態の解決が困難で、誹謗中傷の投稿が増え続ける原因と考えられるポイントがありますよ。まずは、書き込みの手軽さです。インターネットに繋がる環境のPCやスマホを持っていれば誰でも書き込めてしまうのがネットの掲示板です。これが気軽に自分の意見を自由に発信できるので、誹謗や事実無根の虚偽も簡単に書き込めてしまいます。

匿名性が攻撃的に拍車をかける

続いては、ネット掲示板の匿名性です。多くの掲示板などは、個人情報を登録する必要もなく自分の素性をバラさなくても書き込めますよね。したがって、問題のあった投稿の事実関係や投稿主が明らかにならず、問題投稿を恐れずに行う人が増えてしまいます。もしも、誰が投稿したのかがすぐに判明すれば、名無し投稿で誹謗中傷する人数がもっと減少していくと考えます。この匿名性が、スキャンダルなどで批判を投稿したくなる攻撃性に拍車をかけ、より過激で過剰な意見になってしまう傾向があるのです。

法律で裁かれるような制度が確立されていない

3つ目のポイントは、法律の規制ですよね。ネットの誹謗中傷で実際に被害にあっても、人物を特定し訴えるためにはいろいろと困難な壁が存在します。法律が整っていない事もその1つです。これまでインターネット犯罪に対する法律はあまり重視されてこなかったため、現在の法律で規制するには不十分なのです。このような3つのポイントがネットの誹謗中傷を解決できない重要な問題点だと思います。逆に考えると、この3つを改善すれば大幅に解決に向かうと考えられるので、一刻も早く改善されることが望まれます。

サジェスト対策をすれば、特定の言葉を表示させたり反対にその言葉を表示させないようにすることができます。