卑劣な行為!誹謗中傷は許してはいけません

知らないうちに悪口を書かれていたら!

インターネットに自分の悪口を書かれていたら、誰でも嫌な気持ちになります。根も葉もない噂を書かれているなら誹謗中傷行為です。人の評判を下げる行為は許してはいけません。このようなことをされたら黙っていてはいけません。誰にも相談しないと、もっと酷いことを書かれてしまうかもしれないのです。インターネットを見ていて、自分のことを書かれていると知ったならまずはその証拠を保存しましょう。証拠がなければ、残念ながら相手を訴えることが出来ません。

プロバイダーに削除を依頼しよう!

自分のことを悪く書かれていたら、保存をした後に削除をしてもらう必要があります。文章や写真などが掲載されているなら、全てを保存しましょう。プロバイダーの会社に連絡をすれば、すぐに削除をお願い出来るのです。そして、誰が発信したのかアドレスを教えてもらいましょう。匿名で書かれていたとしても、プロバイダーの会社に依頼すれば、発信者の住所や氏名がわかります。相手を訴える時に必要となりますので、必ず教えてもらいましょう。

名誉毀損で訴えましょう!

人を名指しで悪く書くことは犯罪行為です。匿名でインターネットに掲載することは許せません。文章や写真によって傷つけられたなら、弁護士事務所に相談しましょう。プロバイダー会社に聞いて、発信者が特定出来たなら名誉毀損で訴えることが出来ます。酷いことを書いた相手には慰謝料を請求しましょう。匿名で書かれていても、証拠さえあれば訴えることは可能です。悪いことをした相手には、責任を感じてもらう必要があるのです。

2ちゃんねる削除は多くが裁判になっていますが事実上出来ないので、他の方法を考える必要があります、大量書き込みで倉庫に落とすとか、他の話題にそらすとか出ない状態にするのが対策です。