ネット誹謗中傷にはこんな風に立ち向かって行こう

法的に問題がないのか相談する

突如書き込まれるネットの誹謗中傷。個人名がはっきりと書かれていたり、経営しているお店に事実とは異なるクレームを書き込まれて困っている人が増えています。「ネットだから」と見過ごす時代はもう終わりました。然るべき措置をとって立ち向かうことが大切です。ネットの誹謗中傷は深刻なダメージをもたらすことがありますので、必ず対処しましょう。まず法的に問題がないのか?ネットに詳しい弁護士に相談、身に危険を感じたら警察に速やかに相談してください。

絶対にしてはいけない行為

ネットでやり取りして、書き込みを止めてもらおうと考える人が多いですが、逆効果になることが多いです。そのような人は困っていることこそが糧になり、行動力の源になっています。自分で何とかしようとするのは止めておきましょう。そのようなことをすると、さらなる問題が発生することがあります。第三者がしゃしゃり出てきて、書き込みをしている人の味方になり、追い詰められていくこともあります。当事者がネットに出てくるのだけは避けましょう。

有効的かつ効果的な対策

他の人が目につかないようにすることが有効的かつ効果的なネットの誹謗中傷対策になります。掲示板に書き込まれている場合は、業者に依頼することで表示されないようにすることも可能です。またSEO対策として書かれているページを検索できないようにすることもできます。また書き込みをしている人が運営しているサイトであれば、法的な観点から閉鎖に追い込むことも可能です。専門的にそして着実に相手にダメージを加えることができる対策になっています。

近年、利用者によるネット誹謗中傷が増加しています。ネットでは匿名で投稿ができるため、その内容も過激なものが多くなっています。