大切な個人データ…プライバシー流出の危険!

プライバシーが侵されやすい時!

誰もがプライベートというものを持っているはずです。そして人には内緒にしたいプライベートも多いですよね。秘密にしておきたいことが他人に知られてしまうこともありますが、それこそがプライバシーが侵されてしまう時なんです。プライバシーが侵されてしまうことは大切な個人データが流れ出てしまう訳ですから、最悪の場合、たちの悪い犯罪に巻き込まれることにも繋がるでしょう。では実際にどんな時にプライバシーが流出してしまうのかを具体的に見ていくことにしましょう。

こんな時は要注意したい!

自分が持っている情報、自分自身の極秘情報、情報の数は図り知れません。人は一体どれほどの情報を持っているのでしょうか?そんなことを考えてみると、人は情報の塊みたいなもんですよね。ひとつの情報が漏れてしまうだけでも非常事態と呼べますが、データがまるごと盗まれたり流出してしまうこともあります。例えば、皆さんが毎日のようにやっているメール。メールは内容が相手に保存されますから、犯罪者の証拠品になったりもするのですが、赤の他人に転送することも簡単なんです。メールのやり取りは親しい人に絞るべきですよ。

パソコン内にあるデータ!

インターネット上のドキュメントでは、プライバシーが侵されてしまった実例も知ることができます。セキュリティーソフトの相談室などに問い合わせてみると、コンピューターウィルスに感染したことで、使用しているプラベートパソコンやタブレットなどから個人情報が流出してしまうこともあるようです。ファイル自体が流出してしまったり、または盗まれてしまったというような被害の報告もあります。コンピューター内にあるデータは、最も流出しやすい情報と言えるでしょう。

自宅で使うには小型のハンドシュレッダーが便利です。幅を取らずにしまっておけるので、邪魔になりません。