ネットの誹謗中傷をされた時あなたならどうする?

ネットの誹謗中傷は他人事?

芸濃人などがSNSを使っていて炎上またはニュースになっていることがありますがどこかで他人事だと思っているところはありませんか?そんなことはありません、あなたも一歩SNSなどのネットの使い方を間違えると誹謗中傷の対象になる可能性があります。自分は大丈夫、と思ってることこそ落とし穴です。なるべくならマイナスになるようなネットの使い方をしないように気を付けましょう。ネットの世界は匿名だからと安心しているといつか思わぬ形で被害にあったりすることもあります充分にネットマナーを守って安全にSNSなどを使いましょう。

個人情報はなるべく出さないこと

簡単に匿名で仲良くなる事が出来るなどSNSは良い面もありますがその分全く現実世界では見知らぬ人に安易に個人情報をばらまいてはいないでしょうか?ネットでの友達というのは顔が見えない相手ですので嘘も付けます。性別さえ偽る事が出来てしまいます。例えば、自宅の近所で食事をしたとしてそれを発信しているうちに住んでいるところが特定されてしまったり職場を特定されてしまったりともしも仲違いをしてしまったり悪意を持って近づいてきた人だとします。すると、誹謗中傷をされるきっかけを作ってしまったときにその個人情報をたやすく不特定多数の人に拡散されてしまう恐れがあります。友達の個人情報などもあまり発信しないように気を付けましょう。

逮捕されることもある誹謗中傷

反対に誹謗中傷をされている人がいたとします。面白半分や意見を言いたくて拡散したり、または自分も悪意を持って誹謗中傷をしてしまった場合最悪の結果に警察のお世話になるという事があります。特に殺意を持った言葉は安易に言葉にして残さないようにすることです。どんなに最悪な人だとしても悪意をぶつけるとあなたも加害者になってしまいます。匿名の世界だからばれないと思って安易な言葉を残さないようにしましょう。画面を保存する機能がスマートフォンにもあるので消しても誰かが保存して画像として残っていたらそれが拡散されてしまうこともあります。ネットの世界の誹謗中傷も立派な犯罪にもなりうるという事をしっかり覚えておきましょう。

逆SEOの対策を立てるために、早いうちにインターネットの分野に詳しいプロの業者に外注をする価値があります。